事業内容
特許

実用新案

意匠

商標

その他の知的財産権
 商標は、商品の製造・販売業者やサービス業者が自己の業務に係る商品または役務をしめすために用いる標識です。商標法によると、商標とは、「文字、図形、記号もしくは立体的形状若しくはこれらの結合またはこれらと色彩との結合」と定義されています。
  一定の商標が付された商品等は、一定の出所を持つことを示します。これは、商標の出所表示機能といわれています。すなわち、自己の取り扱う商品または役務を、他の業者の取り扱う商品又は役務と区別する機能を持つということで、商品等出所の混同を防止する働きをするのです。
  商標権は、登録によって発生します。登録を受けるには、登録を受けようとする商標と、指定商品または指定役務等を記載した願書を提出して出願します。
  商標権の存続期間は、登録日から10年で、さらに10年ずつ更新することができます。